パソコンは数ヶ月ごとにたくさんの種類が販売されています。
以前はノートかデスクトップかどちらを選ぶかが大きな焦点でしたが、今はタブレット型製品も販売され、何を選べばいいのかがよりわかりにくくなってきています。


パソコンは家電に分類されますが、使用用途としては文房具に近い製品です。
パソコンは今や触れていない人はほとんどいませんが、それを使って何をするかは人によって大きく違ってきます。



これは紙と鉛筆を使って何をするかが人によって違うのと同じことです。文房具として製品と捉えると、自分はパソコンを使って何をしたいのか、を考えることが大切とわかります。

パソコンは色々なことができるということを、もっと詳しくいうと次の三点があげられます。キーボードやタブレットを使って入力することができます。

インターネットを使って情報検索や閲覧ができます。



自分で何かを作って発信したり出力したりすることができます。



この三つの特徴のうち、自分が何を主にしたいかと考えると、どのような製品を選べばいいかが出てきます。


どこでも持ち運べてすぐに起動でき、インターネットの閲覧が中心ならばタブレットが選択肢に上がります。




文章を作ったり、複数の作業を同時に行うなどを主な利用方法と考えている方はノート型が妥当な選択肢になるでしょう。



そうやって利用用途を考えた後に大きさや使用イメージを考えると、多くの製品の中から自分にあったパソコンを選ぶことが容易になります。

http://www.maff.go.jp/j/nousin/seko/nouhin_youryou/
http://matome.naver.jp/odai/2138432120797553701
http://www.amazon.co.jp/%E5%88%9D%E5%BF%83%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E8%A3%BD%E5%9B%B3-%E7%AC%AC3%E7%89%88-%E8%97%A4%E6%9C%AC-%E5%85%83/dp/4627664338